英語のテキストを読む楽しみ

 

ChaChaEnglishにはたくさんのテキストがあります。

 

それぞれに特徴があり、生徒さんの英語を学ぶ目的 その方の英語のレベル、その方の性格などや傾向も考えて、それぞれの生徒さんに一番合ったテキストを選ぶようにしております。みなそれぞれにいいのですが、個人的に一番好きなのが、Crown Readingです。

 

これは、私立高校などで使われている英検2級程度の難易度のテキストで 10個のお話から成り立っていますが、どのお話もとても面白く啓発的です。将来を担う若い生徒さんが読むのに最適だと思います

 

ざっと紹介してみますと、

 

Lesson 1  Apple創業者のSteve Jobs氏が大学の卒業式で行った有名なスピーチのお話

              Stay Hungry Stay Foolish

                      この中にでてくる connecting dots

                                  Follow your heartsが特に素敵です

                  何度読み返してもそのたびに名文だと思います

Lesson 2  the Moon illusion(月の幻影)のお話し

                 どうして空の低い位置にある月は、真上にあるときの月より大きく見える        のかに関するいろんな仮説を紹介しています。科学的思考が必要です

Lesson 3 Papalagiの話

      Papalagiとは誰のことでしょう?わたしたちのことです。

     時間に追われるPapalagiの生活にサモアに住む人々が疑問を投げかけるお話  

           人生観がかわります 

Lesson 4  Bridge over the troubled waterのお話

       サイモンとガーファンクルの大ヒット曲「明日に架ける橋」にちなんだお話     この曲の詩の内容もすごくいいです。感動します。一度聞いてみてください。

Lesson 5  ロビンソン・クルーソーの話

         ロビンソン・クルーソーを読んでみたくなりました

Lesson 6 The Grameen Bankのお話

        この話は、高校の教科書でよく使われています。

       きっと高校生に知っておいてもらいたい話なのでしょうね

Reading  星の王子様のお話

Lesson 7  目の錯覚のお話

        わたしたちの目を欺くいろんなだまし絵が紹介されます。

Lesson 8  アメリカに渡航した幕末の侍たちのカルチャーショックのお話

         鎖国時代の当時の人たちが初めて触れた西洋文化への驚きが記されています

Reading  村上春樹氏の短編小説 

     On seeing the 100% Perfect Girl One Beautiful April Morning

     春樹氏のこんな素晴らしい作品があるなんて知りませんでした

         もしあなたが自分にとって100%完全にfitすると思う異性にたまたま道ですれちがったらどうしますか? 

     みじかいけれど格調高く 示唆に富んだ作品です

 Lesson 9 アフリカ象の話

 Lesson 10 建築家 安藤忠雄さんの話 

     安藤忠雄さんの人生を知って、生きるファイトをもらえます

Reading Revenge (復讐)のお話 ユーモアたっぷり

Lesson 11 ナノの世界のお話

      目には見えないけれど存在する原子の世界のお話。

     scienceの未来が見えてきます

 

 厳選されたいいお話ばかりです。

 

このテキストブックにはCDもありますので、読んだ後に耳で聞くこともできます。

高校のテキストにしてはかなり長い文章ですが、これくらいの長さの英文に触れるのは、大変いいことです。読後感がちがいます。まさに、英語の勉強のためだけのテキストではなく、心の発達のためのテキストでもあります。

 

心の発達のために、どんどんいいテキストを読んでいきましょう。

英語が上達するとともに、いろんな人の生き方、考え方に触れて、今の人生が大きく豊かになっていきます。