英語学習ゼロから大学受験まで

毎週月曜日と土曜日に中高生クラスに来てくれている 中学2年生のTくんが中学3年間で習うNew Crown シリーズ1から3(写真左)をすべて終え、今月から高校生用の東進ブックスの1に進みました。東進ブックスは、大学受験用で、超基礎編の1から最高難度の6まで合計6冊あります(写真右)。

 

Tくんは、小学校時代はまったく英語を習っていませんでした。中学入学前の小学6年生の2月から英語をはじめ、毎週2回2時間のレッスンを休まずに受けてきました。中学で使われている教科書New Crownの1年生用、2年生用、3年生用の本文をすべて読んでノートに訳し、さらに日本語訳を見てノートに英作文していってもらいました。CDもすべて聞き、リスニング問題も全部解きました。そして先月、2年生の2学期で、中学生用の課程を全部終えたのです。今の彼の実力は英検3級をほぼ満点合格するくらいです。

 

次のテキストに選んだのが、東進ブックスです。東進ハイスクールの有名な英語講師安河内哲也氏の著作で、中学卒業程度の超基礎編のレベル1から、東大二次、早稲田慶応レベルの最高難度のレベル6までの英文読解の本です。

この本もすぐれもので、セルフスタディに最適です。ノーマルスピードで読まれる英文のCDもついていますので、耳からも学習できます。

 

レベル1,2を終えたら、英検準2級合格 レベル3.4を終えたら英検2級合格、センター試験7割レベル、レベル5.6を終えたら英検準1級レベル、難関校合格レベルとなります。英検の場合、読解にプラスして、リスニング力も必要ですが、CDをしっかり聞くこと、英文を英文のまま理解して速読できる能力を養うことでリスニング力もついてきます。また、ChaCha中高生クラスのレッスンでは週に1回30分ですが、外国人講師とマンツーマンで英語だけで話す機会もレッスンの中に含まれておりますので、2次試験も楽しく受験することができます。

 

Tくんは東進ブックスの読解レベル1を始めたばかりですが、思った以上にすいすいこなしています。東進ブックスの英文法もやはり1から6までありますが、こちらは自分で自習できるので、どんどん家庭学習で進みなさいと励ましています。

 

英語習得は山登りと同じ。テキストを1冊ずつ仕上げることで、頂上に少しずつ近づいていきます。 高校生で英検2級を取得すること(東進ブックス4を終えること)が一つの目標ですが、さらにその上を行くと、大学受験の時に英語が得意科目となり、難関校をねらえます。

 

富士山登山道には 5合目、6合目、7合目 8合目、9合目があり、そして頂上となります。一冊ずつ 本をていねいにこなしていき、最高峰をめざしましょう。