ある日の英会話ジムの様子

ChaChaEnglishを開設してから7年半たちました。ChaChaEnglishのChaChaは Challenge Youseld and Change the World (by Studying Englsih)という意味を込めています。

 

7年半前、英会話初心者の方のために 当時はまだ珍しかったスカイプを使い、30分間英語だけで行われる英会話レッスンつきの、英語Self -studying の場所(英会話ジム)を開くために始めました。

 

スカイプレッスンを始めた当初からずっとオンラインの先生をしてくれているのが、フィリピンマニラ在住のアリス先生です。最初の生徒様はビジネスマンの方でした。彼は、日本人講師が出す課題をきちんきちんとこなし、アリス先生との英会話を楽しまれ、約1年半でTOEIC300点から660点へと大きく進歩されてマレーシアへと赴任されました。

 

今から3年前にはカナダ在住のクリス先生という強力な助っ人も現れ、アリス先生とクリス先生が両輪となって英会話ジムを支え続けてきてくれました。生徒様1名からスタートした英会話ジムの生徒様は今では20名に増え 英検合格を目指す中高生が主になりました。

 

7年半の間にいろいろな試行錯誤を経ましたが、今、ようやく最初に目指していた英会話ジムの理念がうまく機能してきていると感じ、大変幸せに感じております。

 

たとえば、最近のある日の英会話ジムの風景です

 

中学1年生のAさん、

彼女は英検準2級合格目指して今、中3の教科書を使い実力をつけているところです。アリス先生とは毎回絵カードを使い楽しく英会話しています。

 

高校1年のMくんは英検準1級合格に向けてチャレンジ中。今回は惜しいことに数点足らなかったようですが、前回の英検と比べて20点以上も点数を伸ばしました。強化したリスニング力は9割の正答率でした。今は次回の英検と将来の英語運用力のために、英作文を練習しています。

 

高校1年生のRくんは、次回1月に行われる英検で2級合格目指して、長文読解と語彙力増強に励んでいます。長文読解はかなり難しいのでも正解できるようになりました。彼の場合学校英語が相当高度なので適宜学校英語の補強もしています。

 

中学2年生のHちゃんも次回のテストで英検2級目指して、やはり長文読解、語彙力増強に取り組んでいます。中学2年生なので2級合格に必要な語彙力が圧倒的に少ないので、まず難しい語を覚えてから長文読解してもらっています。

 

この春から入会してくれた高校生のHくんには徹底して学校で使っている教科書指導をしています。今回の中間テストでは大変いい成績をとってきてくれました。

 

もうひとりの高校生Mちゃんは、学校英語は大丈夫とのことなのでやはり英検2級取得とセンター試験高得点獲得を目指して、実力養成をしています。むずかしい文法問題に取り組む一方で彼女はアリス先生とフリートーキングも楽しんでいます。

 

みんな、壁に向かって黙々と自分の課題をこなしています。一緒の場所を共有しているけれど、一人一人違った内容をやっています。共通点は自分に最適の課題を一生懸命こなしているということ。これが英会話ジムの醍醐味です。

 

このクラスでアリス先生の英会話を取っているのは、AちゃんとMちゃんだけです。本当は全員にアリス先生との英会話レッスンをとってもらいたいのはやまやまなのですが、レッスン時間は限られているので、その生徒さんにとって最適の課題に専念してもらっています。

 

来てくれている生徒さんはみんなそれぞれに英語力に差があり、 課題をこなすために充当できる時間もちがいます。それぞれの生徒さんの事情と、goalをしっかりと把握したうえで、最適の教材をおわたしし、最大適量の宿題を課して 英語力をどんどん伸ばしてもらうのを応援するのが、私たちの役割です。

 

やっている内容が違っても、めざしているものは同じ。自分を成長させていくことが目的です。英語の勉強を通し、努力は報われるということ 可能性は自分が作り出すことができるのだということ 世界はつながっているのだということを体得して、おとなになっていってほしいと思います