トルコの旅 紀行文 in English

月曜日メンバーのAさんがトルコ10日間の旅を終えて、教室にもどってきてくださいました。Aさんが行かれたのは、ちょうどイスラム国で日本人人質が殺害され騒然となっていたころで、トルコに行くのも思案されていました。でも、禁止令が出ていたのはトルコ国境周辺だけだったし、添乗員さんつきのグループツアーだったので参加されました。


そのトルコの旅は素晴らしい!!!の連続だったようです。ヨーロッパとアラブとアジアの文化の交わるところで、独特のエスニックな雰囲気を存分に楽しまれたようでした。


Aさんは、6ページにわたってノートに英語でトルコの旅の紀行文を書かれました。わかりやすい正確な英文で書かれていたので、ほとんどお直しする部分はなく、すらすらと読ませていただきました。こういう文章が書けるというのは、英語Talking もなめらかにできられるということで そのあとのカナダに住むChris先生とのオンライン英会話レッスンでもトルコの旅の話題で大いに盛り上がられていました。


大昔、クレオパトラとアントニオが歩いたのと同じ道を歩き、トルコ風呂を楽しまれ、シルクロードを経てカッパドキアの洞窟ホテルでベリーダンスを鑑賞、その後ブルーモスクも訪問され、ほんとに充実した10日間だったようです。


見知らぬ土地へ行って見知らぬ文化を楽しめる幸せ、トルコは親日的で大変よかったそうですが、世界中平和になってほしいと思います