一粒で二度おいしい 英語でおしゃべり

先日のMagical Villageも、英語脳をフル活動して話す楽しさと いろんな情報の交換ができて大変楽しかったです。

 

たとえば、布引の滝のハイキングコースの話、神戸ハーブ園の話 それから、タジン鍋の話、真空保存野菜ジャーの話

 

布引の滝ハイキングコースはとっても手軽で素敵なコースです 

 

 


わたしは楽をしてロープウエーで神戸ハーブ園まで登って 下り道だけ歩いて布引の滝を見たと話すと Cさんはちゃんと歩いて登って、ハーブ園のミントカフェで食事されたそうです。


布引の滝から30分程度で登れるそうなので、次回はぜひ歩こうと思いました。またミントカフェも気になったものの横目で見て入らなかったのですが なかなかいいレストランだったとのことですので 次回は歩いて登って、ミントカフェで一服しようと思いました。

  

以前からタジン鍋のあの奇妙な形には興味がありましたが、具体的にどのように使うのか知りませんでした。Lさんはそれをわかりやすい英語で説明してくださり、なるほど!とイメージがわきました


好きな野菜を5.6センチ四方に切ります 

お肉(豚肉、鶏肉などお好みで)をその上に並べます

お水を20ミリリットル(大匙スプーン1)入れます

そしてタジン鍋のふたをして待つこと20

スチームされた野菜と肉はとってもおいしくできあがるそうです。


真空保存野菜ジャーの話も初めて聞く話で へえーーと思いました

野菜をそのジャーに入れて、中の空気を抜くと、低気圧のせいでバクテリアの繁殖が遅れ野菜の新鮮さが長持ちするそうです。

これ以外にもいろんなことを話しました。日本語でのおしゃべりもちろん楽しいですが あまりにも楽すぎます。日本語禁止の英語だけでのおしゃべりは 頭をフル回転させるので、負荷のかかる分、コミュニケートできて共感をもらえた時 より一層楽しいです。


やっぱりMagical Villageは一粒で二度おいしい()です。

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。