英検1次試験合格の生徒さんからの嬉しい便り

総選挙と季節外れの超大型台風の後 昨日は英検の1次試験の合格発表があり、嬉しいニュースが次々と飛び込んできました。

 

まずは、高校1年生のSちゃんが英検準11次試験に見事合格しました!

 

Sちゃんは、夏休みに旺文社ターゲット1900の単語を全部覚えました。9月になってからは今まで手つかずの英検準1級出る準パス単を毎日一生懸命覚え、過去問のReadingのテストで、合格基準に近づいてきていました。

 

107日の英検の前の1週間は、ちょうど学校の中間テスト前の期間とかぶったため、それ以上過去問を解くことができなかったのですが、中間テストのはざまの日曜日に行われた本番の英検試験では 大きく実力を伸ばし見事合格。しかも、中間テストの成績も大変よかったということで、大変嬉しい結果になりました。

 

高校2年生のKちゃんも2級合格。夏休み中に英検2級でる準パス単の単語・熟語ともしっかり2周頑張って覚えました。さらに9月に入ってからは2級過去問題 予想問題ともにきちんと仕上げ、万全の態勢でのぞみました。本番は大変いい成績で合格でした。語彙力と長文読解力が身に着いたので、次は英文法をしっかり頭に入れて、センター試験で高得点を取ってほしいです。

 

高校2年生のTくんも2級合格。彼の場合、過去問を解いている段階では 調子が良くて2級の実力がついていると思っていましたが 本番のテストの相性が悪かったのか、自己採点ではReading, Listeningともに自己最低点をマーク。本人すごくがっかりしていたのですが、なんと英作文の出来がすごく良くて、見事合格。彼にもこれからは英文法の仕上げを最速でやってもらって長文読解力も強化、センター、一般入試の英語でいい点数を取ってもらいます。

 

それからすごくびっくりして嬉しかったのが、小学6年生のUちゃんの4級合格。Uちゃんは小学5年生からChaChaで初めて英語をならい始めました。その後順調に進んでこの前の6月の試験で5級合格。英語暗唱、英作文がすらすらできるようになったUちゃんは夏休み中、がんばって中1のテキストを終え、中2のテキストにはいりました。そして果敢に4級にチャレンジ。

 

4級は中学2年終了レベルなので 1か月前、4級の申し込みをしたときに過去問題を解いてもらったときは、「むずかしくて全然わからない」と言っていましたが、この1か月でぐんと実力がつけて見事合格。よくがんばりました。

 

中学2年生のTくんも、3級合格の知らせをくれました。彼は春には早々と今学校で使っている中学2年生の教科書を終わらせていましたが この夏休みになんと中学3年生のテキストもどんどん進めていき、全部終了させました。しっかり実力がついているので、今回の英検3級は余裕で合格でした。T君は中高一貫校なので高校受験がありません。その分中学生の間にぜひ英検準2級、そして英検2級合格に向けてがんばってほしいです。

 

今回合格に至らなかった人も、次回2017年第3回の英検はすぐそこ、来年の1月に迫っています。英検は一度限りのテストではありません。今の自分の実力を知るためのものです。長年、子供たちを見てきましたが、不合格となったことが、逆にもっと英語力を伸ばす強いバネの働きをするケースがほとんどです。今回の英検合格が英語の勉強のゴールではありません。自分にチャレンジして、本物の英語力をつけていきましょう。

 

 

1次試験に合格した3級以上の人は、次は2次試験の準備をします。2次はspeakingのテスト。これは大変楽しいです。speakingのテスト準備をしている間にアウトプット力はどんどん伸びます。楽しみながらがんばってくださいね!