9:51分に見上げた空

今日131日は皆既月食の日。

 

でも、何時に皆既月食があるか、事前にチェックしていませんでした。

 

6時に夕方のレッスンが終わった直後に見たお月様はすごくきれいな満月。

 

あまりに美しくて、「出た出た月が♪まあるいまあるいまんまるの♪お盆のような月が♪」の歌を思わず思い出しました。

 

そして、9時過ぎ、夜のレッスンが終わって生徒さんを見送るために教室のドアを開けたら、南東の空に半月が!

「あ、今、月食が始まっている!!」

思わず、生徒さんたちと、欠けている月に魅入りました。

 

しかし、ずっと月ばかり見ているわけにはいかず、寒いので生徒さんたちにさよなら言って、教室に戻りました。

 

すると、パソコンの画面からフィリピンに住むアリス先生からスカイプを通じてメッセージが・・・・。

夜の9:51分に天文上まれな現象 super blue blood moonが見られることを教えてくれました。

 

「同じ時間に同じ月を見よう!」とチャットで話し合いました。

 

フィリピンマニラに住むAlice先生が見るSuper Blue Blood Moon

日本の宝塚にあるChaChaの教室の外の廊下から見るSuper Blue Blood Moon

 

そして951分。ぼんやり小さな赤い月が見えたような 見えなかったような。

 

地球上の何人の人が見上げたでしょう。当たり前のことですが、世界はひとつ、月もひとつ。

 

思い出に残る素敵な夜となりました。