英検CBTで合格!

社会人のKさんが英検®CBTを受けられて、見事合格されました!

 

ビジネスマンのKさんはお仕事でお忙しい合間を縫って、英語力をつけたいとChaChaに通ってくださっているメンバーさんですが、目で見える形で英語力の伸びを知りたいとおっしゃったので英検にチャレンジしていただきました。

 

前回1月に行われた2018年第3回の英検では大変惜しいところで合格に届かなかったのですが、その後すごくがんばられて、今回ChaChaのメンバーさんの中でははじめて、英検CBT(Computer Based Testing)を受けられました。

 

英検CBTとは コンピューターを使って受験する英検®です。英検®では従来ペーパーテストと面接で試験を行ってきましたが2014年度から英検®CBTを開始、2018年度8月にリニューアルして実施規模を拡大しました。

 

問題形式や合否判定の仕方、合格によって得られる資格は従来型の英検®と同じです。英語外部検定利用入試にも利用でき 2020年度以降は大学入試成績提供システムの対象にもなります。

 

英検®CBTは月に1回実施されています。ただし同じ級の受験を毎月申し込むことはできません。

 

 

英検®CBTの試験は4から7月実施分が第1回検定、8月から11月実施分が第2回検定

12月から3月実施分が第3回検定と4か月ごとに区切られていて 同一級の申し込みは各検定界につき1回のみ可能となっています。

 

従来型英検®とCBT英検®の併願もできます。ですので両方合わせて同一の級に年6回チャレンジできます。

 

CBT受験料は従来型より高くなります。

英検®準1級が9800円 2級が7500円 準2級が6900円 3級が5800円となります。

 

CBTの大きな特徴は従来型が1次試験合格後に2次試験(speaking test)があるのに対し、CBTは1日でspeaking testまで行われることです。1日で4技能を測ります。

 

果敢に英検®CBTにトライされたKさん、さっそく次の目標を英検®2級合格に切り替え勉強を再開されました。

 

英検®CBTのおかげで合格のチャンスが増えました。英語力向上に向けてどんどんがんばってください!