幸せを運んできてくれた虫

 

812日から17日まではChaChaEnglishはお休みでした。

 

 

夏休みは毎年、盆行事、家族の帰省等であわただしく過ぎていくのですが、今年はアクシデントがありました。

 

 

それは盆行事が終わった後のことです。

虫に刺されたのか、右足の甲の上部にかゆみが起こり、翌朝右足が大きく腫れてしまったのです。

 

 

 

熱を持って腫れあがっていて、右足の太さは左足の1.2倍くらいになっていました。

 

 

すぐ病院へ行こうと思ったのですが、その日はおりしも台風10号が日本を直撃していた日で、近くの皮膚科の病院はすべて臨時休業されていました。救急病院は専門外の先生しかいらっしゃらなかったので、とにかくその日は自宅待機することにしました。

 

 

 

腫れているので歩くこともままならず、仕方がないので、気を紛らわせるためにされているyoutube動画を見てその日は過ごしました。

 

 

 

その時見たyoutube動画がミニマリストの動画で、その人の部屋はほとんどものが置かれておらずものすごくすっきりしていました。最小限の必要品ですっきりと毎日を過ごす様子が映し出されていました。

 

 

 

それを見ていてわたしも片づけをしよう!と思い立ちました。腫れた足で歩くのはつらいので、まずはパソコン内の整理をしました。

 

 

 

それから、椅子に座って部屋の引き出しの中や本棚の中の書類の整理。片づけをしていると足の痛みが忘れられました。

 

 

 

次の日、皮膚科の病院でお薬をもらいましたが、やはり腫れはひきません。歩くと痛いのでその日も家で安静にしていました。

 

 

 

その日は読もうと思っていて時間がなくて読まずにおいていた本を何冊も読むことができました。本を読んでいると痛みを忘れることができました。

 

 

 

3日目になると薬がききはじめ足が元通りになってきました。普通に歩けました。そして体を動かすことがものすごく軽快になっていて 新鮮な喜びを感じました。

 

 

 

その日は足を使って、いろんな用事の片づけをしました。

 

 

足が腫れあがっているときインターネットでその症状を調べますと、どうやらブトにかまれて腫れあがったようでした。

 

 

 

最初は「なんで、ブトなんかに刺されたのだろう」と思ったりもしましたが、結果的にブトに刺されたおかげで、youtubeでいい情報を知ることができ、パソコン内の整理ができ、部屋の書類の整理がつき、読みたかった本も読むことができ、用事も片付き 普通に歩けることの幸せを感じることができました。

 

 

 

人間万事塞翁が馬ということわざがありますが、ブトに刺されて心機一転したこの夏休みでした。