合格続く

 

昨日は多くの私立高校で合格発表がありました。

 

 

 

3の生徒さんから嬉しいお知らせをいただきました。

 

併願で212日にH中学を受験した3名の生徒さん全員合格。

 

 

 

生徒さんたちは口をそろえて、当日の英語の試験は「めちゃくちゃむずかしくて半分もできなかった」そうです。

 

 

しかし、3名のうち1名が英検2級合格、あと2名が準2級合格していたので、2級合格者は80点、準2級合格者は70点を入試の英語の点数で保証されていました。ですので すごく気が楽だったとのこと。

 

 

3名は難関の公立高校が第一志望ですので、私立高校入試の非常に難しい英語の入試対策をするよりは その時間を他の苦手な教科の勉強時間に充てられたのでよかったと思います。

 

 

 

3の別の生徒さんも英検準2級を取得しているので 彼が受けるR高校も英語の入試の成績で80点を保証してもらえるとのことでした。

 

それで安心感はあったのですが、彼の志望校の場合、めちゃくちゃ難しい問題が出題されているわけではなく、オーソドックスないい問題でしたので80点よりもいい成績がとれると思いました。実際 彼は入試用の勉強をしてもらっているうちにどんどん英語の過去問の成績があがり、90点以上取れるようになりました。当日の試験もきっと頑張れたと思います。

 

 

 

また別の生徒さんも、私立高校合格。しかも合格者の上位10パーセントにはいれたとのことで、費用などの点で優遇されるそうです。でも彼女も公立高校が第一志望ですので、これからラストスパートをかけてもらって 312日の公立高校の英語の入試問題でいい成績が取れるように長文問題にしっかり取り組んでもらいます。

 

 

 

高校1年生のHくんが英検2級の1次試験に合格という嬉しい報告も受けました。

 

部活動で忙しい中、しっかり宿題をこなしてきたHくん。頑張った甲斐がありました。2次試験も準備を整えてしっかりがんばってもらいます。

 

 

 

まだまだ入試真最中。

 

 

次は国公立の二次試験が225日、26日に行われます。国公立の英語の2次試験はかなり難しく英語能力のほかに地頭の良さが問われることが多いです。でも、2次試験対策を通じて、考えること、頭を使うことが好きになっていくと思います。

 

 

入試は自分を鍛える絶好の機会です。入試を通じ、一回りも、二回りも大きな人間になっていかれることと信じます。

楽しく頑張ってください