祝 広島大学文学部合格!

 

逆瀬川の地元の公立高校に通っているRくん、見事に広島大学文学部に前期日程で合格しました!

 

 

 

Rくんは、高校2年生の春にChaChaEnglishに入会。

 

大学受験に向けてまずは身近な目標として英語力を伸ばすために英検2級に合格したいという希望でした。

 

秋合格を目指していましたが、R君はスタートからよく勉強して、入会から2か月後の6月に行われた2018年第1回英検で一発合格。見事最初の目標を達成したので、本来の目的である大学入試に切り替えました。

 

 

 

国公立大学志望の彼にとってまずはセンター試験攻略が大事です。語彙力、読解力とリスニングがメインの英検と違ってセンターの英語は文法もかなり重視されているので、文法をしっかり勉強するようになりました。

 

 

 

そして、センターの英語がかなりできるようになった時点で、Rくんは英検準1級に挑戦したいという希望を持ちましたが、英語と国語以外の他の教科の勉強が未消化だということでしたので、準1級挑戦よりも他教科の得点アップを目指すように促しました。

 

 

 

センター入試まではChaChaでの毎週2時間のレッスンのときだけは英語を集中的に勉強し、英語力を落とさないようにつとめ その他の時間は苦手教科の克服に充てました。

 

 

 

総合点で判断されるセンター試験には、苦手教科の得点アップが一番有効な方法です。二次試験対策はまったくせずに、とにかくセンターに集中しました。

 

 

 

そして、センター終了後は、すぐに二次試験対策に切り替えました。私立大学も受験予定でしたが、その対策はほとんどせず、二次試験対策に集中しました。

 

 

 

彼の目指す広島大学の二次試験の教科は彼の得意とする英語と国語だけです。しかし、英語の記述式の二次試験はかなり難易度が高く、地頭力が必要でした。彼が最初に過去問を解いたときはかなり自信を失ったようでした。

 

 

 

しかし、その後、過去問を解き続け、その振り返りをきちんきちんとこなしていくうちに、英語力がどんどん伸びていくのがわかりました。得意科目に集中したときの伸びのすばらしさを実感しました。

 

 

 

そして、見事、広島大学文学部合格。

 

合格を報告してくれた彼に、5月末に行われる英検準1級を今目指すように言い、早速昨日のレッスンでは準1級の過去問を受けてもらいました。すると、長文問題は全問正解。驚きました。

 

 

 

広島大の記述式の問題に取り組んでいたので、四択の英検準1級の長文問題が簡単に思えたそうです。

 

また同じく二次対策で英作文もかなり書いてもらったので、準1級の英作文も大丈夫だと思います。

 

準1級合格のためにはリスニングと二次試験のspeaking対策が必要です。

 

 

 

でも、大丈夫。英語のインプットが十分できている人は Listening力とSpeaking力はトレーニングで面白いように伸びていきます。この二つの能力を伸ばして英語学習の本来の目的であるコミュニケーションを大いに楽しんでもらえると思います。

 

 

 

Rくん、おめでとう!!!

 

 本当によくがんばりました。4月からは晴れて大学生。今度はまた次の目標に向かって楽しく英語力を伸ばしていって下さい。